オリックス銀行カードローン審査について

虚偽の報告をしてカードローンの申し込みをしたとすると、「有印私文書偽造罪」に相当します。
もし金融機関での審査中にバレたとしても、会社的には被害届を出すか否かというと、微妙なところですね。
被害が出たら、常識的に言って警察に通報するといったところでしょうか。
いずれにせよ素人の嘘がプロに通用すること自体が無謀というものです。
信用情報にも瑕疵(キズ)が残るはずです。
運良く(?)審査に通ったりしたらなお大変です。
判明すれば全額一括返済は確実で、借入停止でまともな会社はどこも利用できなくなってしまうというデメリットがあるのです。
トクか損か考えるまでもないですね。
借入はカードを使うものばかりではないといえます。
カードを作らなくてもカードローンできる手段も選択可能です。
カードを使わない場合は自分の口座にダイレクトに入金してもらうといった感じで口座に直ちに入金したい方には便利な方法でしょう・・・・。
消費者金融それぞれに審査基準には隔たりがありますが、誰でも知っているような消費者金融ではそれほど大きな違いはありません。
大きな差異が出るのは小規模で営業している消費者金融です。
大きな消費者金融よりも審査基準を厳しくすると誰も好んで大手ではない消費者金融からお金を借りたりはしないでしょう・・・・。

オリックス銀行カードローン審査が甘くなった理由は?【審査基準】