海外赴任:荷物の持ち込み方と受け取り方の違いって?

<海外赴任の場合>国内の引っ越しの準備とは違います。
荷物の持ち込みは、発送が中心です。
小物類に関して言うと、自分達が現地へ赴く時に一緒に持ち運んでも良いことになっています。
<荷物の運輸について>引越業者に依頼します。
それで行えます。
<国内の主要な引越業者について>海外への引っ越しにも対応している所も多いようですね。
ですから、海外赴任の時にも、国内での引っ越し同じで、そういった業者に依頼することになります。
※(注意):ただし、国内の引っ越しとは用意するものが異なります。
ですから、なるべく早めに依頼するようにしてくださいね。
大抵の場合は、海外への引っ越しを依頼したら、「航空券のコピー」、「梱包明細書の下書き」など書類の準備が必要です。
必ず指示された通りに準備しておいてくださいね。
(笑顔)。
運輸方法は以下の通りです。
「航空便」「船便」<航空便の場合>前日までに荷造りを終えます。
そして、当日に空港へ向かうという形になります。
その一方で、<船便の場合>当日に荷造りをすることもあるようですね。
いずれにしろ、自分達で出来る分は自分達でやっておいた方が良いですね。
(笑顔)※尚、船便の場合は、出国の2週間~3週間前に発送、現地到着から1週間~2週間で受け取ります。
受け取りの時には、必ず全ての荷物に対してチェックを行います。
国内の引っ越しと比較します。
紛失や損傷といった可能性が高いので、ひとつひとつを取り出します。
そして、全て確認します。
その必要があります。
それで荷物整理に入ります。
(笑顔)