くりっく株365を利用するメリットって?

まず1つ目は取引時間です。
例えば、くりっく株365の取引時間は8時30分~翌朝6時となっており、ほぼ1日中取引出来るようになっています。
例えば、店頭取引CFDで昨年1年間の運用益が50万円の損失だったとします。
その上で、今年の運用益が50万円の利益だったとします。
通常なら、今年の利益50万円に対して税金を納める義務が発生し、課税所得が500万円のサラリーマンなら15万円を税金として支払う必要があります。
例えば、今年50万円の利益を上げたものの、昨年の損失が50万円のなら差し引き0円として算定されます。
しかも、CFDで得た利益や損失は、証券先物や商品先物、そしてくりっく365と合算出来ます。